MENU

JaCVAMは、化学物質等の安全性評価における動物実験の 3RsReduction, Refinment, Replacement の促進と国際協調を重視した新規動物実験代替法の公定化を進めます。

News

  • 2021.3.3
    試験法の公募のページを更新しました。新規試験法の申請、ご相談などありましたら、こちらからお知らせください。
  • 2021.3.2
    幹細胞を用いた化学物質リスク情報共有化コンソーシアムscChemRISC 2021年度年会(年会長:小島肇)の参加登録および一般演題登録が3月19日(金)まで延長されました。年会HPはこちら
  • 2021.3.2
    JaCVAMの活動のマンスリーレポートを更新しました。
    JaCVAMの活動の研究活動を更新しました。
  • 2021.2.22
    11th World Congress on Alternatives and Animal Use in the Life Sciences(WC11)がweb開催となりました。FAQはこちら
  • 2021.2.9
    EU Science Hubに Non-animal Methods in Science and Regulation EURL ECVAM Status Report (2020)が掲載されました。
  • 2021.2.7
    スリランカ動物実験代替法学会(SAAT-SL)が発足し、第1回会議が開催されました。プログラムはこちら
  • 2021.2.4
    JaCVAMの設置細則を改訂し、ステークホルダー会議内規を新たに施行しました。
  • 2021.2.1
    進行中の試験一覧を更新しました。
  • 2021.2.1
    JaCVAMの活動のJaCVAMが評価した試験法を更新しました。
  • 2021.1.26
    The European Commission の on-line scientific conference “Towards replacement of animals for scientific purposes” が2021年2月2-3日に開催されます。詳細はこちらから
  • 2021.1.26
    NA3RsC(The North American 3Rs Collaborative)のHPに2020 Annual Reportが掲載されました。
  • 2021.1.25
    JaCVAMの活動の年次報告書に令和元年度報告書を掲載しました。
  • 2021.1.19
    JaCVAMの活動のマンスリーレポートを更新しました。
    JaCVAMの活動の研究活動を更新しました。
  • 2021.1.13
    本当は身近な動物実験を更新しました。
  • 2020.12.4
    JaCVAMの活動のマンスリーレポートを更新しました。
    JaCVAMの活動の研究活動を更新しました。
  • 2020.12.1
    幹細胞を用いた化学物質リスク情報共有化コンソーシアムscChemRISC 2021年度年会(年会長:小島肇)が2021年4月16日に開催されます。年会HPはこちら
  • 2020.11.13
    JaCVAM事務局長の小島肇が日本動物実験代替法学会の功労賞を受賞しました。
  • 2020.11.4
    「医薬部外品・化粧品の安全性評価における皮膚刺激性を評価するための評価体系に関するガイダンス」に関するパブリックコメントを募集します(募集期間:11月4日~11月25日)。終了しました。
  • 2020.11.2
    進行中の試験法一覧に免疫毒性試験 IL-2 Lucアッセイのvalidation reportとpeer review reportを掲載しました。
  • 2020.11.2
    JaCVAMの活動のマンスリーレポートを更新しました。
    JaCVAMの活動の研究活動を更新しました。
  • 2020.10.28
    日本動物実験代替法学会第33回大会(11月12,13日web開催)でNIEHS/NICEATMのDr.Nicole Kleinstreuerが講演されます。
    プログラムはこちらから
  • 2020.10.12
    「医薬部外品・化粧品の単回投与毒性評価のための複数の安全性データを組み合わせた評価体系に関するガイダンス」 に関するパブリックコメントを募集します(募集期間:10月12日~11月2日)。終了しました。
  • 2020.10.1
    JaCVAMの活動のマンスリーレポートを更新しました。
    JaCVAMの活動の研究活動を更新しました。