MENU

JaCVAMの研究活動

2020年

誌上発表

  • Akimoto M, Yamamoto Y, Watanabe S, Yamaga H, Yoshida K, Wakabayashi K, Tahara Y, Horie N, Fujimoto K, Kusakari K, Kamiya K, Kojima K, Kawakami T, Kojima H, Ono A, Kasahara T, Fujita M: Oxidation of a cysteine-derived nucleophilic reagent by dimethyl sulfoxide in the amino acid derivative reactivity assay. J Appl Toxicol.2020;40(6),843-854.doi: 10.1002/jat.3948.
  • Marx U, Akabane T, Andersson TB, Baker E, Beilmann M, Beken S, Brendler-Schwaab S, Cirit M, David R, Dehne EM, Durieux I, Ewart L, Fitzpatrick SC, Frey O, Fuchs F, Griffith LG, Hamilton GA, Hartung T, Hoeng J, Hogberg H, Hughes DJ, Ingber DE, Iskandar A, Kanamori T, Kojima H, Kuehnl J, Leist M, Li B, Loskill P, Mendrick DL, Neumann T, Pallocca G, Rusyn I, Smirnova L, Steger-Hartmann T, Tagle DA, Tonevitsky A, Tsyb S, Trapecar M, Van de Water B, Van den Eijnden-van Raaij J, Vulto P, Watanabe K, Wolf A, Zhou X, Roth A:Biology-inspired microphysiological systems to advance patient benefit and animal welfare in drug development. ALTEX. 2020;37(3):364-394. doi: 10.14573/altex.2001241.
  • Kimura Y, Yasuno R, Watanabe M, Kobayashi M, Iwaki T, Fujimura C, Ohmiya Y, Yamakage K, Nakajima Y, Kobayashi M, Mashimo N, Takagi Y, Omori T, Corsini E, Germolec D, Inoue T, Rogen EL, Kojima H, Aiba S: An international validation study of the IL-2 Luc assay for evaluating the potential immunotoxic effects of chemicals on T cells and a proposal for reference data for immunotoxic chemicals. Toxicol In Vitro. 2020;66:104832.doi: 10.1016/j.tiv.2020.104832.
  • 山田 隆志, 足利 太可雄, 小島 肇, 広瀬 明彦: AOP (Adverse Outcome Pathway;有害性発現経路) に基づいた化学物質の安全性評価へ向けたチャレンジ. Yakugaku Zasshi. 2020;140(4):481-484.doi: 10.1248/yakushi.19-00190-1.
  • Mizoi K, Hosono M, Kojima H, Ogihara T: Establishment of a primary human hepatocyte spheroid system for evaluating metabolic toxicity using dacarbazine under conditions of CYP1A2 induction. Drug Metab Pharmacokinet . 2020,35(2):201-206. doi: 10.1016/j.dmpk.2019.11.002.
  • 小島 肇:世界の化粧品における安全性評価の現状と日本の立ち位置-今後の代替法の見通し. フレグランスジャーナル, 202;9:30-36.
  • 小島 肇:OECD試験法ガイドライン開発におけるCERIの国際貢献. CERI NEWS, 2020;90:2-3.
  • 小島 肇:AOP及びIATAに基づく安全性評価手法の進捗. JETOC 40周年記念誌, 2020;71-101.
  • Mizoi K, Arakawa H, Yano K, Koyama S, Kojima H, Ogihara T:Utility of Three-Dimensional Cultures of Primary Human Hepatocytes (Spheroids) as Pharmacokinetic Models. JBiomedicines. 2020;8(10):374. doi: 10.3390/biomedicines8100374

学会発表・セミナー発表

  • 足利太可雄: 動物実験代替法による化学物質の接触アレルギー評価の最新動向, 繊維評価技術協議会 第32回安全性WG会議 (2020.2.6, 大阪)
  • Ashikaga T, Narita K, Okutomi H, Kawakami K, Sui H: Effectiveness of h-CLAT, an In Vitro Skin Sensitization Test Method, in Evaluating Respiratory Sensitizers, 59th Annual Meeting of SOT (2020.3.15-19, Anaheim,CA,USA, Virtual meeting)
  • 足利太可雄, 鈴木政晴, 安部賀央里,栗本雅之, 山田隆志, 頭金正博: 非動物実験による皮膚感作性のリスク評価と毒性学的懸念の閾値コンセプトの開発, 第45回日本香粧品学会(2020.6.12-13, 誌上開催)
  • 小島 肇: 安全性評価におけるReplacementの概要, 第47回日本毒性学会学術年会(2020.6.29, web開催)
  • 鈴木政晴, 安部賀央里, 頭金正博 , 山田隆志, 足利太可雄: IATA(統合的)アプローチに基づいた皮膚感作性におけるin silico予測モデルの開発, 第47回日本毒性学会学術年会(2020.6.29-7.1, web開催)
  • 吉田邦嵩, 石川晋吉, 橋爪恒夫, 足利太可雄: ヒト気管支上皮と抗原提示細胞の共培養系を用いた化学物質のin vitro呼吸器感作性評価法 の開発, 第47回日本毒性学会学術年会(2020.6.29-7.1, web開催)
  • 小島 肇: ICHにおける発生毒性代替法の考え方, 第60回日本先天異常学会学術集会(2020.7.12, web開催)
  • 小島 肇: 化粧品安全性研究はどこまで進んでいるか -国際情報・代替法-, アレルギー成分確認方法のエキスパートセミナー/多職種ワークショップ(2020.8.30, web開催)
  • 深井悠貴, 溝井健太, 松本映子, 小山智志, 矢野健太郎, 石田誠一, 小島 肇, 荻原 琢男: OECD/TGのcytochrome P450誘導試験におけるmRNA測定の有用性, 第27 回 HAB研究機構学術年会(2020.9.3-4, web開催)
  • Kojima H, Ishida S: Challenge of standardization in the AMED-MPS project, Global Summit on Regulatory Science (GSRS20)(2020.9.30, web開催)
  • 小島 肇: OECDにおけるコンピューターモデルの行政的な受け入れ, CBI学会2020年大会(2020.10.28, web開催)
  • 小島 肇: 医薬品の発生毒性試験にゼブラフィッシュ試験を利用する上での期待,問題点,課題, 第6回ゼブラフィッシュ創薬研究会(2020.10.30, つくば)
  • 三浦結美, 足利太可雄, 板垣 宏, 飯島一智: 表皮モデルと免疫細胞を組み合わせたタンパク質感作性評価システムの開発, 日本動物実験代替法学会 第33回大会(2020.11.12, web開催)
  • 西田明日香, 足利太可雄, 大野彰子, 飯島一智: 銀ナノ粒子の抗原提示細胞活性化能の解析, 日本動物実験代替法学会 第33回大会(2020.11.12, web開催)
  • 鈴木政晴, 安部賀央里, 頭金正博, 山田隆志, 足利太可雄: Cosmetics Europe database を使用したin silico 皮膚感作性予測回帰モデルの開発, 日本動物実験代替法学会 第33回大会(2020.11.12, web開催)
  • 赤木隆美, 村上将登, 宮崎裕美, 田口浩之, 池田英史, 加藤雅一, 山田知美, Mura S, Couvreur P, 足利太可雄, 小島 肇, 明石 満:三次元培養皮膚モデルLbL-3D Skin を用いた皮膚刺激性試験代替法の バリデーション研究, 日本動物実験代替法学会 第33回大会(2020.11.12, web開催)
  • 水町秀之, 渡辺美香, 生悦住茉友, 梶原三智香, 安田美智代, 水野 誠, 今井教安, 佐久間めぐみ, 芝田桃子, 渡辺真一, 上野順子, Basketter D, Eskes C, Hoffmann S, Lehmann D, 足利太可雄, 寒水孝司, 武吉正博, 宮澤正明, 小島 肇:皮膚感作性試験代替法Epidermal Sensitization Assay (EpiSensA)のValidation 研究(施設内再現性Phase I), 日本動物実験代替法学会 第33回大会(2020.11.12, web開催)
  • 木村 裕, 安野理恵, 渡辺美香, 小林美和子, 岩城知子, 藤村千鶴, 近江谷克裕, 山影康次, 中島芳浩, 真下奈々, 岡山昂祐, 高木佑実, 大森 崇, 小島 肇, 相場節也:Multi-ImmunoTox Assay (MITA):IL-1 Luc assay バリデーション試験の結果, 日本動物実験代替法学会 第33回大会(2020.11.12, web開催)
  • 山口宏之, 押方 歩, 綿谷弘勝, 小島 肇,竹澤俊明:固体を含む被検物質に使用可能なVitrigel-EIT 法の改訂手順の提案, 日本動物実験代替法学会 第33回大会(2020.11.12, web開催)

発表資料