MENU

JaCVAMは、化学物質等の安全性評価における動物実験の 3RsReduction, Refinment, Replacement の促進と国際協調を重視した新規動物実験代替法の公定化を進めます。

News

  • 2022.8.1
    8月26日の2022年度日化協LRI研究報告会で、平林容子センター長が「JaCVAM における New Approach Methods への取組」について講演いたします。 詳細はこちらから
  • 2022.8.1
    JaCVAMの活動のマンスリーレポートを更新しました。
    JaCVAMの活動の研究活動を更新しました。
  • 2022.7.22
    8月9日に令和4年度国立医薬品食品衛生研究所シンポジウムが開催されます。 詳細はこちらから
  • 2022.7.12
    8月25日に日本動物実験代替法学会企画委員会主催講習会 「新しい挑戦へ向かう代替法の現在地―最新動向の理解―」が開催されます。詳細はこちらから
  • 2022.7.4
    JaCVAMの活動のマンスリーレポートを更新しました。
    JaCVAMの活動の研究活動を更新しました。
  • 2022.6.30
    OECDのテストガイドラインが更新されました。 詳細はこちらから
  • 2022.6.10
    JaCVAMの活動のマンスリーレポートを更新しました。
    JaCVAMの活動の研究活動を更新しました。
  • 2022.5.16
    「医薬部外品・化粧品の光安全性試験評価体系に関するガイダンス」に関するパブリックコメントを募集します(募集期間:5月16日~6月13日)。終了しました。
  • 2022.4.12
    JaCVAMの活動のマンスリーレポートを更新しました。
    JaCVAMの活動の研究活動を更新しました。
  • 2022.4.8
    EURL ECVAMがESAC(EURL ECVAM Scientific Advisory Committee)のメンバーを募集しています。 詳細はこちらから
  • 2022.3.8
    「眼刺激性試験代替法Vitrigel®-EIT」の「評価報告書」および「評価会議報告書」に関するパブリックコメントを募集します
    (募集期間:3月8日~3月29日)。終了しました
  • 2022.3.8
    JaCVAMの活動のマンスリーレポートを更新しました。
    JaCVAMの活動の研究活動を更新しました。