MENU

JaCVAMが評価した試験法

JaCVAMが行政に受入れを提案した試験法

No. 試験法 年月 各種関連通知
1 腐食性試験法Vitrolife-SkinTM 2008年8月
2 皮膚感作性試験代替法(LLNA-DA法) 2008年11月
3 ニワトリ摘出眼球を用いた眼刺激性試験法(ICE法:Isolated Chicken Eye Test) 2009年12月 ガイダンス
4 牛摘出角膜を用いた眼刺激性試験代替法(BCOP法:Bovine Corneal Opacity and Permeability Test) 2009年12月 ガイダンス
5 ヒト皮膚モデル(3次元皮膚モデルEPISKIN)を用いた皮膚刺激性試験代替法 2010年3月
6 皮膚感作性試験代替法(LLNA-BrdU法) 2010年5月
7 単回投与毒性試験代替法 2011年6月
8 皮膚刺激性試験代替法EpiDermおよびSkinEthics 2013年1月 劇物毒物の判定基準の改定
9 皮膚感作性試験代替法(LLNA-DA法) 2013年1月 ガイダンス
10 皮膚感作性試験代替法(LLNA-BrdU-ELISA法) 2013年1月 ガイダンス
11 皮膚感作性試験代替法(rLLNA法) 2013年1月 ガイダンス
12 眼刺激性試験代替法フルオレセイン漏出試験法 2013年1月
13 皮膚刺激性試験代替法LabCyte EPI-MODEL24 2013年11月
14 改訂OECD TG No.437牛摘出角膜の混濁および透過性試験法(BCOP法: Bovine Corneal Opacity and Permeability Test) 2014年1月 ガイダンス
15 改訂OECD TG405:ウサギを用いる眼刺激性試験法 2014年1月 留意事項
16 ヒトエストロゲン受容体結合による活性化・拮抗作用物質を検出するBG1 Luc ER TA 法 2014年1月
17 In vitro 皮膚透過試験 2014年1月 ガイダンス
18 2013 年改訂 OECD TG 438ニワトリの摘出眼球を用いた眼刺激性試験(ICE 法: Isolated Chicken Eye Test) 2015年1月 ガイダンス
19 皮膚感作性試験代替法Direct Peptide Reactivity Assay (DPRA):ペプチド結合性試験 2015年3月
20 皮膚感作性試験代替法 角化細胞株レポーターアッセイ 2015年8月
21 光安全性評価法ROSアッセイ 2016年1月 ICH-S10
22 眼刺激性試験代替法In vitro短時間暴露法(STE法) 2016年3月 ガイダンス
23 ER STTA 法(hERα-HeLa-9903 細胞を用いたエストロゲン受容体恒常発現系転写活性化試験法) 2016年12月
24 眼刺激性試験代替法 再構築ヒト角膜様上皮モデル法(Reconstructed Human Cornea-like Epithelium Test Method:RhCE法) 2017年1月 ガイダンス
25 皮膚感作性試験代替法 human Cell Line Activation Test (h-CLAT) 2017年3月
26 皮膚腐食性試験代替法 ヒト表皮モデル法 2017年6月 劇物毒物の判定基準の改定
27 経皮電気抵抗試験を用いた皮膚腐食性試験代替法 2017年10月
28 In vitro膜バリア試験を用いた皮膚腐食性試験代替法 2017年10月
29 再構築ヒト角膜様上皮モデル法(RhCE法)SkinEthicTM HCE EIT 2018年3月 ガイダンス
30 皮膚感作性試験代替法 U937 Cell Line Activation Test(U-SENSTM 2018年11月
31 AR STTA法(AR-EcoScreenTM細胞を用いたアンドロゲン受容体恒常発現系転写活性化試験法) 2019年2月
32 眼刺激性試験代替法 再構築ヒト角膜様上皮モデル法(LabCyte CORNEA-MODEL24 Eye Irritation Test) 2019年2月 ガイダンス
33 急性経口毒性を予測するためのin vitro細胞毒性試験 2019年4月
34 2018年改定OECD TG438 ニワトリ眼球を用いた眼刺激性試験(ICE法: Isolated Checken Eye Test) 2019年11月
35 皮膚感作性試験代替法ARE-Nrf2 luciferase (LuSens) test method 2019年11月

JaCVAMが行政に受入れを提案しなかった試験法

No. 試験法 年月
1 酵母光生育阻害試験と赤血球光溶血性試験の組み合わせによる光毒性試験代替法 2010年1月
2 In vitro発熱性物質試験 2010年12月
3 SHE細胞形質転換試験法(SHE CTA) 2018年3月