MENU

JaCVAMの研究活動

2022年

誌上発表(原著論文)

  • Imamura M, Yamamoto Y, Fujita M, Wanibuchi S, Nakashima N, Kojima H, Ono A, Kasahara T: Applicability of ADRA (4 mM) for the prediction of skin sensitization by combining multiple alternative methods to evaluate key events, J Appl Toxicol.2022;42:1159-1167. doi: 10.1002/jat.4283.
  • Yamamoto Y, Fujita M, Watanabe S, Yamaga H, Wakabayashi K, Tahara Y, Horie N, Fujimoto K, Takeuchi K, Kamiya K, Kawakami T, Kojima K, Sozu T, Kojima H, Kasahara T, Ono A: Within- and between-laboratory reproducibility and predictive capacity of amino acid derivative reactivity assay (ADRA) using a 0.5 mg/mL test chemical solution: Results of the study for reproducibility confirmation implemented in five participating laboratories, J Appl Toxicol.2022;42:1078-1090.
    doi: 10.1002/jat.4279.
  • Fujita M, Yamamoto Y, Wanibuchi S , Watanabe S, Yamaga H, Wakabayashi K, Tahara Y, Horie N, Fujimoto K, Takeuchi K, Kamiya K, Kawakami T, Kojima K, Sozu T, Kojima H, Kasahara T, Ono A. The within- and between-laboratories reproducibility and predictive capacity of Amino acid Derivative Reactivity Assay using 4 mM test chemical solution: Results of ring study implemented at five participating laboratories, J Appl Toxicol. 2022;42(2):318-333.
    doi: 10.1002/jat.4268.
  • Piersma AH, Baker NC, Daston GP, Flick B, Kundesen TH, Spielmann H, Suzuki N, Tsaioun K, Kojima H: Pluripotent stem cell assays: Modalities and applications for predictive developmental toxicity, Current Research in Toxicology, 2022:3, 100074. https://doi.org/10.1016/j.crtox.2022.100074.

誌上発表(総説)

  • Anklam E, Bahl MI, Ball R, Beger RD, Cohen J, Fitzpatrick S, Girard P, Halamoda-Kenzaoui B, Hinton D, Hirose A, Hoeveler A, Honma M, Hugas M, Ishida S, Kass GE, Kojima H, Krefting I, Liachenko S, Liu Y, Masters S, Marx U, McCarthy T, Mercer T, Patri A, Pelaez C, Pirmohamed M, Platz S, Ribeiro AJ, Rodricks JV, Rusyn I, Salek RM, Schoonjans R, Silva P, Svendsen CN, Sumner S, Sung K, Tagle D, Tong L, Tong W, Eijnden-van-Raaij JVD, Vary N, Wang T, Waterton J, Wang M, Wen H, Wishart D, Yuan Y, Slikker W: Emerging technologies and their impact on regulatory science, Exp Biol Med (Maywood), 2022;247(1):1-75. doi.10.1177/15353702211052280
  • 足利太可雄: 個人的経験から思う、安全性評価技術の将来像について, CERI NEWS, 2022;93:2.
  • 足利太可雄: 免疫毒性に関するAdverse Outcome Pathway(AOP)の開発およびその活用状況について, レギュラトリーサイエンス学会誌, 2022;12(2):221-231. doi.org/10.14982/rsmp.12.221
  • 小島肇夫: 医薬部外品承認申請における動物実験代替法の利用と留意点, 日本香粧品学会誌, 2022;46(1):30-36.
  • 足利太可雄: 化粧品・医薬部外品の安全性評価に関する動物実験代替法の研究動向, FRAGRANCE JOURNAL, 2022;7:76-80.

学会発表・セミナー発表

  • 小島肇: in vitro発熱性物質試験の展望, 第23 回エンドトキシン試験法セミナー(2022.2.18, 東京)
  • 小島肇, 足利太可雄: in vitro免疫毒性試験の国際動向:New Approach Methodsに向けて, 第95 回日本薬理学会年会(2022.3.7, 福岡)
  • 田中利男, 小島肇, 藤原道夫, 森華奈子, 森葵泉, 澤田莉乃, 山本恭子, 山田佳代子, 水谷有香: 次世代ゼブラフィッシュ発生毒性スクリーニングシステムの研究開発, 第95 回日本薬理学会年会(2022.3.7, 福岡)
  • 足利太可雄: THP-1細胞の活性化を指標にしたナノマテリアルの免疫毒性評価の試み, 日本薬学会第142年会(2022.3.26, Virtual)
  • 伊藤潤, 安部賀央里, 足利太可雄, 頭金正博: ヒト皮膚感作性データを用いた機械学習によるin silico予測モデルの開発, 日本薬学会第142年会(2022.3.27, Virtual)
  • 小島肇: 化粧品の安全性評価試験法について, 日本薬学会第142年会(2022.3.28, Virtual)
  • 小島肇: MPSの標準化のための国際戦略, 第29回HAB研究機構学術年会(2022.5.19, 東京)
  • 安部賀央里, 成田和人, 小林睦, 立花滋博, 村崎亘, 鈴木政晴, 頭金正博, 足利太可雄: 機械学習アプローチを用いたin silicoモデルによるヘアカラー原料の皮膚感作性強度予測, 第47回日本香粧品学会(2022.6.10, Virtual)
  • 小島肇: 3D モデル一般論, MMS研究会第80回定例会(2022.6.17, Virtual)
  • Kojima H: Approach to New Approach Methods developed by Japan in OECD WNT, ICCA-LRI Workshop 2022(2022.6.20-21, 横浜)
  • 足利太可雄: THP-1細胞の活性化を指標にしたナノマテリアル(NM)のin vitro免疫毒性試験法の開発, 第49回日本毒性学会学術年会(2022.6.30, 札幌)
  • 村崎亘, 安部賀央里, 頭金正博, 山田隆志, 大野彰子,足利太可雄: 機械学習アプローチによる皮膚感作性強度を予測する回帰モデルの開発, 第49回日本毒性学会学術年会(2022.6.30, 札幌)
  • 飯島一智, 鈴尾美穂, 三浦結美, 西田明日香, 大野彰子, 足利太可雄: 未分化および分化THP-1細胞を用いたナノマテリアルの免疫毒性評価, 第49回日本毒性学会学術年会(2022.7.1, 札幌)
  • 小島肇: 3Rs を取り巻く国際動向と課題, 第49回日本毒性学会学術年会(2022.7.2, 札幌)
  • 大野彰子, 西田明日香, 飯島一智, 広瀬明彦, 足利太可雄: THP-1細胞への活性化に及ぼす二酸化チタンナノ粒子の物理化学的特性因子, 第49回日本毒性学会学術年会(2022.7.2, 札幌)
  • 安彦由喜恵, 榊原隆史, 越田美, 立崎睦美, 古川桂子, 松浦正男, 松井豊小島肇: ウシ角膜を用いる混濁度および透過性 (BCOP) 試験法への病理組織検査組み込みの提案 -病理組織検査によるUN GHS予測モデルの構築-, 第49回日本毒性学会学術年会(2022.7.2, 札幌)
  • 山本直樹, 平松範子, 加藤由布, 西川千恵子, 横井友香, 足利太可雄, 小島肇: 医薬品の生殖毒性試験代替法に有用なヒト由来iPS細胞レポーター細胞株の作製と評価に関する研究, 日本組織培養学会第94回大会(2022.7.7, 豊中,大阪)
  • 小島肇: 医薬品等の薬効および安全性評価を支えるin vitro試験の未来, 日本組織培養学会第94回大会(2022.7.8 豊中,大阪)
  • 小島肇: in vitro発熱性物質試験の展望, 第23 回エンドトキシン試験法セミナー(2022.7.27, Virtual)

発表資料